« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

今日の阿寒湖

こんにちはhappy01ツアーガイドのよっしーです。

現在の阿寒湖の天気は、

Img_6999 くもりで雪がちらちら降ったり止んだりを繰り返しておりますcatface

しかし最近の天気はよく解りません、

2月で気温が10℃になってみたりかと思えば、-30度になってみたりとcoldsweats01

本当につかめませんshock

氷上の方はと言うと、

スノーモービル2キロコース

バナナボート

ワカサギ釣り(穴釣り・引っ掛け釣り)

四輪バギー

は営業しておりますhappy02

それ以外のメニューは休止中となっておりますのでご了承下さい。

| | トラックバック (0)

オンネトー湯の滝・スノーシュー&歩くスキー

 野中温泉からオンネトーを巡って湯の滝まで、フールド研修に行ってきました。山中慎一朗ツアーデスクと門田宜久ツアーガイドは歩くスキー、西田憲一郎ツアーガイドと、吉塚弘ツアーガイド、仲平春奈ツアーガイドはスノーシューでの訓練です。

 野中温泉からオンネトーまでの散策路は歩くスキーにとってはなかなかのアップダウンで、山中デスクと門田ガイドは悪戦苦闘です。

 そんな模様をビデオでご覧ください。

 オンネトーから湯の滝、そして野中温泉までは歩くスキーが大活躍でした。スノーシューでは決して味わえないスリルとファニーを満喫できます。

 歩くスキーは大変な訓練にもなります。

ツアーデスク山中慎一朗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿寒湖畔スキー場のスキー学校は最高です。

 今日はツアーガイド門田宜久、仲平春奈、西田憲一郎とツアーデスク山中慎一朗が、阿寒湖畔スキー場のスキー学校で教育訓練を受けました。仲平春奈ツアーガイドは、この日初めてスキーに乗るとのことで、初心者の個人レッスンのような教育訓練となりました。

 門田宜久ツアーガイドは、カービングスキーに始めて乗ってとても上手になりました。西田憲一郎ツアーガイドは、なんと製造中止となったアルペンスキーをあえて新調して乗ってます。山中慎一朗ツアーデスクはレンタルスキーを借りてみてのお試し体験をしました。

 1日コースで10時から12時、13時から15時と合計4時間のレッスンです。初心者の仲平春奈ツアーガイドが4時間で、どこまで滑れるようになったのか?

 その成果をこのビデオでご確認ください。

 阿寒湖畔スキー場のスキー学校が最高であることが納得していただけるかと思います。もちろん仲平春奈ツアーガイドのフィジカル要素もあるかと思いますが。

 スキー学校は3月末まで開校している予定です。お問い合わせはスキー学校0154-67-2950、波多野勲校長090-9438-2481までお願いします。

 ツアーデスク山中慎一朗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿寒湖畔スキー場は空いてます。

Sh350022

 今日はプライベートで阿寒湖畔スキー場でのスキー訓練です。平日ということで空いてます。スキーを練習するには平日がおススメです。もちろんスノーボードも。

 とにかく練習ということで滑りまくりました。ノンストップです。時間を計ってみますとリフトは中間ステーションまで約6分。トップまではプラス2分の約8分となります。

 滑降はトップから初級中級コースをまわると約4分。そのまま上級コースを下りれば約3分です。リフトと足すと12分から11分が1ストロークとなります。こんなペースで9時30分から14時まで、休み時間はお昼の1時間で、正味3時間30分を割ることの12分で、18ストロークということで今日はギブアッピしました。

 昨日の歩くスキーが効いてまして、太ももはパンパンです。

 明日もプライベートでスキー特訓に行こうかと思います?

ツアーデスク山中慎一朗


| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄阿寒岳

こんにちは、ツアーガイドの仲平ですhappy01

昨日はお休みだったので、雄阿寒岳に行ってきましたfuji

山の中は積雪がかなりあり、スノーシューで4人でラッセルしながら登って行きました

Dscn0919

天気も良く山頂からは、雌阿寒岳、阿寒湖が良く見えラッセルの苦労も吹き飛びましたhappy02

Dscn0929

樹氷もすごいことにsign03

Dscn0918_2

ただ、冬の登山は危険もいっぱいあります・・・sweat02

ガイドとの登山をお勧めしますnote

| | トラックバック (0)

阿寒フライフィッシング

みなさんこんにちはhappy01ツアーガイドのよっしーです。

今日の阿寒湖は薄く雲はかかっているものの、

太陽の暖かさを感じる陽気となっておりますcatface

阿寒湖のワカサギ釣りも硫黄山川インレットで

300匹以上釣ったお客さんも居るみたいですcatface

うらやまし~な~crying

釣り道具のレンタルをしている、アイスランド阿寒会場でも

なかなかの釣果だそうです。

と、いつもの様に話がそれてしまいましたがcoldsweats01

最近今まで撮り溜めていた写真の整理をしていると、

見てはいけない写真を見てしまったのですshock

その写真とは・・・・・・。

Dscf1864

そう、釣りの写真でございますhappy02

(リアルタイム情報ではなくごめんなさい)

以前ガイド紹介の時にふれましたが

わたくし、よっしーはフライフィッシングが大好きで阿寒に移住しましたsmile

と言うのも、

釣りをされる方ならご存知でしょう、ここ阿寒湖は

世界有数の釣り場でフライフィッシングの聖地などと呼ばれているんですhappy01

Dscf2274

Dscf2417

Dscf2273

阿寒湖・阿寒川の解禁日は5月1日・・・・。

まだ等分先です。

釣りした~いhappy02

| | トラックバック (0)

阿寒湖ツアーガイドスキー練習

みなさんこんにちはツアーガイドのよっしーこと吉塚ですhappy01

今日の阿寒湖は昨日の天気とはうってかわって穏やか~なcatface

天気となっております。

と言うより、ここ一週間、マイナス30度近い日が5日続いてみたり、

かと思えば、外に出るのも躊躇うくらいの猛吹雪になったりとcoldsweats02

なかなか激しい気候でしたcoldsweats01

と、最近ブログの更新がなかなか進んでいなかったのですがcoldsweats01

今回は以前に行った白湯展望台スノートレッキングの帰りに少しだけ

スキーをしたのでその時の様子をご報告しま~すhappy02

もちろん、今回も吉塚は、

一枚も写っておりませんhappy02

大丈夫、大丈夫です・・・・。

もう慣れましたからcrying

ただ今回の写真、わたくしよっしー、滑りながら撮影いたしましたhappy02

せめて、これぐらいは主張してもいいですよね。

山中デスクhappy02

そんな訳で、ガイド・デスクの滑りをどうぞhappy02

Img_5415

先ずは、門田ガイド20年ぶりのスキーだそうですsmileしかも山スキー。

Img_5440

続きまして、西田ガイド、スキーは十数年ぶりと言っていましたが、さすがはまりもっこ、

上手いですhappy02

Img_5692

驚いたのが山中デスク、これが上手いんですhappy02正直、今回一番驚きましたhappy02

Img_5720

春奈ガイドもなかなかですcatface今回でボード6回目とは思わせない滑りでしたhappy01

と、ガイド&デスクの滑り?フォームでしたcoldsweats01

次は動画で報告したいですねcoldsweats01

| | トラックバック (0)

今日もイグルーづくりで昼の部が終わりました。

 今日も昨日に続きイグルーづくりです。残すは屋根だけとなりまして、これで昼の部は終わりです。屋根の部分は気温が低くないとくっつかないということで夜の作業となります。

 夜の寒い中での作業となりますので、まずは今日の午後6時から焼肉となりました。

 焼肉を食べた人は必ずイグルーの屋根作りにご参加ください。よろしくお願いします。

ツアーデスク山中慎一朗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿寒湖氷上フェスティバルのイグルーづくり

 阿寒湖氷上フェスティバルの会場でイグルーづくりが始まりました。圧雪した雪をブロック状にチェーンソーで切り、積み上げてゆきます。

 一日目の状況をビデオでご報告します。ご覧いただければと思います。果たしてこのイグルーは完成しましたら、どんなお楽しみ処になるのでしょうか?

ツアーデスク山中慎一朗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白湯山展望台スノートレッキング

 2月1日。ツアーガイド、ツアーデスクの5人が白湯山展望台を目指してスノートレッキングを楽しみました。

 阿寒湖畔スキー場のリフトをトップまで上がり、山中デスクと吉塚ガイド、仲平ガイドはスノーシューに履き替えスキーとボードを背負って、門田ガイドは山スキー、西田ガイドはアルペンスキーのままで、白湯山展望台まで目指しました。

 行きは上りで40分ほどかかりましたが、帰りはそれぞれのスキーとボードに履き替えて、15分ほどです。帰りはずっと下りではなく漕がないといけないので、ボードではなかなか大変なようです。

 是非ともビデオ映像を見ていただければと思います。

 道案内の看板などはなくとても迷いやすいのでガイド随伴をおススメします。

 お問い合わせはツアーデスクの山中慎一朗までお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »