« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

北の観光リーダー養成セミナーに参加しております。

スタッフブログにときどき登場させていただいております。ビタミン事務局長です。突然ですが、おじゃまいたしますよ。ツアーガイドさんたち!

私は、北海道庁主催の「第3期北の観光リーダー養成セミナー(道東セミナー)」に参加させていただいているのですが、このセミナーには札幌セミナーと釧路セミナーがあって、ともに地域の観光に携わる行政や観光協会または宿泊業者の方、その従業員の方など札幌は36名、釧路は16名合計52名のメンバーがおります。そして、札幌と道東では、カリキュラムは違いますが、それぞれ北海道観光に関する知識と観光商品づくりのノウハウを勉強しています。

27日・28日の両日には、十勝の鹿追町の然別湖畔で行われた合宿研修に参加しました。その然別セミナーでは札幌と釧路の合同の研修で、内容は組織運営に関して「ケースメソッド」の手法を使ったグループワークと発表を行いました。ケースメソッドとは、いわゆるケーススタディと似通ったものですが、ある一定の事例を研究しながらも正解を導き出すことを主眼とするのではなく、ディスカッションを通じて、リーダーシップの醸成やビジネス現場の疑似体験を行うものです。

議論を重ねたあと

1_2 

こんな風に模造紙にまとめ、くじで決めた順に発表。私の役割はプレゼンテイターでした。内容的には説明に手間取り時間切れに終わりました。結果は5位でした。でも前回の道東組だけの根室セミナーでは最下位だったから、正直満足です。グループのみなさん、足をひっぱちゃってごめんなさいい。いい経験をさせてくれてありがとう(って心から言いたいです)。

Photo

今回の私がお世話になったメンバー(とりあえず個人情報なんで名前を伏せときますね)

左から、札幌のSさん(ある社団法人)、次私で、つぎが上士幌のNさん(ある行政の観光担当)、夕張のIさん(今回のリーダーでJAの中でも異色の道の駅担当だそうです)最後にJ○北海道のHさん。

SさんとHさんがもっているのは高速道インター入り口にあるETCバーのつもりです。

チーム名は札幌→夕張→上士幌→阿寒湖畔とそれぞれの地域と、それとそもそも組み分けされたときにDグループだったので、道東道のDOTODOのDにひっかけて

チームDo東道(付近)無料化実験泣き笑いチーム

としました。

蛇足ですが、28日朝起きると一面真っ白でした。

Photo_2

会場となったホテル福原さん。クルマの上には20cmほど雪が積もってました。積雪5cmといってましたが、もっと降ってるはずです。前日には1cmも雪がなかったのに。

Photo_3

大雪国立公園にある然別湖は晴れていれば光の反射から透明なエメラルドグリーンの湖になります。阿寒国立公園の屈斜路湖と同様にマリンブルーの輝きをもつ湖です。道東に来られた際はぜひいちど見ていただきたいです。

ビタミン事務局長

| | トラックバック (0)

雪が降った!寒くなった!

昨日久しぶりに雪が降り、

R0019384

今日は晴れたものの少し風があり、寒く感じます。

ふと見ると雌阿寒岳は真っ白。

その手前のスキー場も白くなっていました。やった!

ここのところ暖かい日が続いていましたので、その進み具合が

気になっていた降雪作業。

これでどんどん進むでしょうか。

降雪作業は結構迫力ありそうですよ。

動画や写真でその様子が見られます。

阿寒湖畔スキー場スタッフBlog ↓ここからぜひご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/akcrew-akanko/

キクfootkikuo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「霜柱製作承ります。」

、、、まるで、そんな声が聴こえてくるようでした。

R0019147

長いものでは15センチくらい。

どんな風に出来るのかずっと見ていたい気持ちでしたけれど、

とても身体がそれに(寒さと眠気)ついていけそうにありません。

1時間おきに写真を撮る、という手ならなんとか出来るか、、、な。

昨日の雌阿寒岳はすっかり以前の雪がとけてしまっており、

同じ山とは思えませんでした。

11月10日(風の強かった日)

R0018186

11月25日(上の写真と同じ場所)

R0019156

とても穏やかな日で嬉しさもある半面、そろそろ雪と寒さが恋しいです。

R0019165

R0019175

R0019177

※この日は阿寒湖畔コ―スを登りましたが、アイゼン・ピッケルは必要ありませんでした。

スパッツはあった方がいいです。

今後の天気により状況は変わりますのでご注意ください。

キクfootkikuo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「金のひしゃく 銀のひしゃく」

こんにちは、今日は人形劇のお知らせですhappy01

やまびこ座・こぐま座プロデュースによるアイヌの神さまのおはなしshine

 「金のひしゃく 銀のひしゃく」 ~「静内地方の伝承V-織田ステノの口承文芸ー」による~

12月全道を回るツアーで、阿寒湖では2回公演します。

12月8日(水) 20時開演  9日(木) 10時30分開演

どちらも会場は阿寒湖アイヌコタン内オンネチセ(釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-19)

入場は無料です。

昼と夜公演するので、ご家族、お友達、カップルなどなど、

いろんな方に見に来ていただければと思います。

(実は私、人形劇は初めて見るので、とても楽しみですhappy02

なかひらcat

           Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宵は満月

今日は風が少し生ぬるいくらいです。小雨がしとしと。

10時には9.6℃もありました。

満月散策を楽しみにしていたのですが、残念ながら今日はこのまま雨。

R0019117

木立が透いて、湖畔の道路を歩いていたらふっと月が飛び込んで来ました。

昨日の夕方16時頃です。

R0019122

最近教えて頂いたところによると、月の出の時間というのは、

お月さまの中心が地平線に接する瞬間

(上辺が地平線に接する瞬間とする時もあるようです)

なんだそうです。

kikuofootキク

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夜の森

ただいまマイナス3度。雲ひとつない月夜の晩、これから気温はどんどん下がり明け方にはマイナス7度まで下がるらしい・・・

まだ体が秋モードのせいか、この寒さでもうシ・バ・レ・ル

・・・けど空気は澄み、星が輝く中の森歩きは楽しい。

葉が落ちた森の中には月の光が青く届く。

でも満月だと明るすぎるから、半分ぐらいの明るさがちょうどいい。

五感をいつもより敏感にして森に出かけよう。

なかひらcat

| | トラックバック (0)

木禽岳

昨日、木禽岳に行ってきましたnote

登山口は、相生の街中から林道を走っていくと現れますshine

登山口の看板に書いてあったのですが、このあたりの森は明治20年ごろに山火事で焼失した跡に自然発生したアカエゾマツメインの針葉樹2次林だそうです。

Img_9235 

まだまだ小さいけれどこれから大きくなっていくでしょう・・・アカエゾマツよ、がんばれsign01

途中、阿寒湖が見渡せる場所を通過、北側から湖を見ることはあまりないので新鮮でしたhappy01

Img_9233_2

頂上までは登山口から30分、あっというまの登頂でしたhappy02

Img_9253

帰りのカラ松の落ち葉でお絵かきタイム、

やっぱり猫が好き・・・

なかひらcat

| | トラックバック (0)

森の賢者からの学び

今日、(財)前田一歩園財団さん主催の

”一歩園セミナー”が行われました。

テーマは「”森の賢者”フクロウ達が伝える森林の大切さとは、、、」。

関心高く、市内ホテル会場では100名ほどが参加していると案内がありました。

第一部は長年シマフクロウの保護・増殖活動に

取り組んでおられる山本純郎氏のご講演、R0018022

第二部は釧路市動物園に場所をうつし、

園長補佐志村良治氏による解説・案内で園内を見学しました。R0018033

北海道の動物のコーナーの一部には、動物たちが空中の筒の中を移動する様子が間近に見られるように工夫がされています。

思わずガイドもニッコリ。よく会うことのあるエゾリスにだって、歓声があがります。

R0018036

人間の影響を最小限にするため、

普段は出入りを制限している場所も動物園にはあります。

R0018040

野生復帰を目指すタンチョウなどの鳥たちがいますが、実際には、

野生に戻すということはとても難しい、とのことでした。

何故でしょうか。

道東、それも阿寒や釧路、根室などの地域では身近なタンチョウ。

地元の人たちにこそ、身近である動物たちのことを知って欲しいと話す志村さんでした。

山本さんがおっしゃっていらした

「シマフクロウの棲む森の復元、林業との共存」を目指すということは、

残すものと使うものを考え、そこの土地での

生き方や関わり方イメージすることだと思います。

それを考えていくのは、やはり動物たちや森と同じ場所に生きている

地元の人の力が不可欠なのだと感じました。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

雌阿寒岳は真っ白。

温泉街からすぐそこのスキー場も雪化粧。

でも、温泉街は白くなかった昨日の朝です。

今朝は、湖に白いものが浮いていました。

白鳥たち。

クラシックカーのクラクションの様な声が聴こえてきましたよ。

あっちこちから、冬の便りがきています。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

約3週間たちました

今日は朝からしとしと雨でした。

もうほとんど先日の雪は消えています。

森を歩くと、少し前まで一風を謳歌していたキノコ達のその後の姿がありました。

さて、10月12日。

Img_8652

今日11月1日。同じ場所。

R0017837

コガネダケという名です。

なかなかさわり心地のよい、よく見かけるキノコです。

すっかり晩秋ですね。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »