« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

「時間」の見え方

4時半。

登山道を歩いていました。

ヘッドランプをつけて歩くのは久しぶりです。

Rimg0018

真っ暗けっけ。

ライトに照らされた道とその周り少しが見えるだけです。

けれど、普段明るいところでは見えていなかった岩の矢印やら、岩の形が頭の中に入り込んできます。

そして何となく、やっぱりクマの存在に緊張感。

昼間はしないけれど、わざと自分の気配を大きくみせてみます

そのうち、森の向こう側が白んできました

そうすると、木々の存在がぐぐっと膨らんできて、

そのうち、今度は森の中までもが少しずつ白んできました。

そうすると、白く光るものがあちこちらに。

樺の皮でした。

枯葉色の地面に落ちた樺の白い皮が、静かにそこに居ることを教えていました。

そのうち、森の中はずいぶんと明るくなってきて、

夜の中で感じたいろいろな個性的な存在感は薄れ、みな着席してしまった様に感じるようになりました。

温泉街の灯りがあることで、山の低い位置からでも場所確認ができます。

夜だから、見えることもたくさんあるのですね。

それから、、

朝。

朝がきました!

キクfootkikuo

Rimg0056

| | トラックバック (0)

む。これは。

昨日、雄阿寒岳の枝払いに行ってきました。

昨年秋に出来なかった、8合目から山頂までに伸びた木々の枝伐り。

ん?!この調子でいくと今年も終わってしまうぞ?!

、、、と昨年からの案件だったこの枝伐り。

「伸びているところを切ってくればいいのだ。」

と単純作業を楽しみに山に入りました。

Rimg0029

ところがどっこい、蓋を開けるとなかなかどうして哲学のいる作業。

7時から、頭がフル回転です。

「ここで伐ったらすぐに伸びてしまうな。」

「登りはいいけれど、下りにゃだめだ。

「切り口がここにあったら危ない。それではここから伐ってしまうか。」

「この枝が伸びたから、反対の脇への踏み込みがあるのだな。じゃ、こっちを伐るか」

「単なる歩きやすさを求めてしまったら、面白みにかけちゃう?」

「要は、危険でないことが一番かなぁ

「どの踏み跡を残すか。」

「道はこうやってついていて、人はこうやって動くから、、、、」

Rimg0034

Rimg0035

いやはや。

今度雄阿寒岳に登る方にお願いです。

あたたかい目で見ておいて下さい!

次郎湖までの倒木は11月初めに整理する予定でおります。

4.5合目の倒木は、、、、未定、、、デス。すみません。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

明日の番組情報です☆

いっぱい書きたいことあるなぁ、と思っていましたら、1日越して、この時間。

さて、明日、10月30日にテレビ北海道でまたまた阿寒湖登場の番組が放映されます。

「道東における着地型観光」という内容で、

ひがし北海道観光事業協議会事務局長の野竹鉄蔵氏が

阿寒摩周を中心にマスからの転換、着地型商品へのアプローチ、もがき、そして「ひがし北海道3つ星街道」へという切り口でお話されていらっしゃるとのことです

10月30日(日)11:30~12:00の「けいざいナビ」という番組!

残念ながら阿寒湖はTVhが映らない、、、?(しょぼん)

みられる地域の皆さん、ぜひご覧ください。

(どなたかのDVD見せて頂こ~っと)

あっと!忘れていました。

我ら阿寒観光協会ツアーガイドの様子もこれまた少し写るかも、知れません!☆

旬の秋ツアーの様子か、オンネトーツアーの様子か、、、、。

キクfootkikuo

Rimg0013

おまけ:釧路港の夕陽です。

| | トラックバック (0)

あれ?サンショウウオ?

第5回 美幌博物館自然講座が、

「オオサンショウウオを調べる!まもる!」

というテーマだそうです。

あれぇ?そういえば、今年の前田一歩園セミナーは”キタサンショウ”ですね。

狙ったかのようにサンショウウオつながりです。

以下、美幌博物館からのお知らせをお伝えしたいと思います。

ご興味ありそうであれば、ぜひどうぞお問い合わせください☆

美幌町に生息している両生類、エゾサンショウウオ。
その仲間で、本州に生息する日本最大のサンショウウオ、
オオサンショウウオについて調べ、保全活動につなげている
実践例をご紹介します。
本州でひっそりとくらすオオサンショウウオが
おかれている現状と、これからを学びます。
また、実際に、エゾサンショウウオの
越冬個体を探しに出かけます。

 
【講演会】
日時:平成23年11月5日(土)16:00~17:30 
場所:美幌博物館2F 視聴覚室
講師:岡田純 氏(鳥取大学 工学研究科 研究員)
参加費:無料
講演会の事前のお申し込みは必要ありません。直接会場にお越し下さい。

 
【観察会】
日時:平成23年11月6日(日)9:00~12:00
場所:美幌町内(高野)
集合・解散:美幌博物館
講師:岡田純 氏(鳥取大学 工学研究科 研究員) 募集期間:  10月15日(土) 9:30 ~ 11月2日(水)17:30
定員:小学校4年生~大人(25名、先着順で定員になり次第締め切ります)
*小学校3年生以下の方は、保護者同伴の場合参加できます
持ち物:野外で活動できる服装(長袖、長ズボン、帽子など)、雨具
参加費:一人100円(保険代として)
その他:小雨決行となりますが、大雨の場合は中止になります
   (中止の場合、当日8時までに、電話でご連絡いたします)
お申し込み後のキャンセルは11月2日(水)までにお願いします。
それ以降は、不参加の場合でも保険代100円がかかります。
お申し込み:お電話で美幌博物館(0152-72-2160)まで。

 

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

今朝の阿寒湖温泉

朝4時。
風の音で目が覚めました。
木の葉に追い抜かれ、追いつき(、、ことは少ない)、、、、
職場に来る途中のこと。
いやはや、今更ながらの「あれ?!」
“雄阿寒岳ってこっちの方向に見えるのか?!!”(今日一番のアリ?)
何となく、歩いていく方角の少し左が雄阿寒岳、というイメージがあったのですが、
もっと左に聳えていた雄阿寒岳。
おかしいなぁ。
Rimg0219
ガラガラとことごとく思いこみが崩されました。いかんいかん。
まぁ、それだけ木立が空いてきた、ということでしょうか。
それから少し行きますと、2番目のあれ?!
そんなに風強かったのかぁ、の↓コレです。
Rimg0221
(わかりずらーい写真でスミマセン)歩道の倒木です。
これでまた、雄阿寒だけの倒木も増えてしまうのでしょうか、、、
(うっ、早く行かねば、、、、枝払いに倒木整理。)
キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

立て続け~の阿寒湖です☆

本日(10月26日)、午後6時25分~30分ころ、

阿寒湖またまた登場です。

今回はちらっと、ガイドの活動も放映されるかもしれません。

ちらっと。チラっと。

どさんこワイドでお馴染みの、STVさんです。

どうぞご覧ください♪

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

本日お昼にご覧下さい!

以前聞いていたものの、、、

何となく、頭の中を素通りしてしまっていた情報!

あれま、大事だ!と臨時朝更新です。

なんと、本日お昼にNHKの中継が入ります、とのことです。

詳しくは、コチラをご覧ください

(テヘ、いつもkeikoさんありがとうございます♪)

昼のひと時、ぶらっと、ぱちっと、ご覧ください☆☆☆

10月26日(水)  午後0:20~0:43  nhk総合
【ひるブラ「満腹!大自然が育む秋の味~北海道 阿寒湖~」】

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

冬支度

みなさま!

冬支度、お済みになりましたか?

3週間ほど前になりましょうか、わたしもぼちぼち、、、と冬支度を始めました。

まず、全部の窓を二重窓にし、居間に厚めの銀マットをひき、

コタツ用の敷布をひきました。

それから、コレ!の出番です。

Rimg0090

湯たんぽ~♪♪♪

こいつがいれば、しばらくこれだけで大丈夫です。

でも、、、

テントウムシやカメムシたちも避難してきて、たまに臭く困らせられるこの頃です。

しかし、わたしのベンツにもいるには閉口。

今日1日で何匹追いやったことか、、、!

Rimg0184

そんなこんなで(?)、誰もが冬支度のこの頃です。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

お引っ越し

喫茶エルムelmさんが、お引っ越しをされました。

お引っ越しといいましても、、、、

ホテル御前水さんのお隣だったのを、

道路を挟んで反対側、民芸ショップながいさんのお隣と近場のお引っ越し。

以前とはまた雰囲気が変わった店構えです。

さあて~。偵察機会があるでしょうか?☆

観光協会で発行しております

『北海道阿寒湖温泉図鑑 ~旅の達人ガイド~ 』に、

”自家製ソースが自慢のスパゲティは地元客にも人気。

ミートソース、トマトソースはとくに絶品”とありますヨ!

Rimg0180

Rimg0181

10月の営業時間は、

11:00~17:00/21:00~24:00 とのこと。

11月からは変更があるようですし、不定休ですので、

どうぞお問い合わせください。

エルム 0154-67-2118(以前と変わらず)

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

白湯山の標識付け替え作業!

昨日、白湯山の標識付け替え作業が行われました。

釧路市、北海道、林野庁、観光協会など関係団体の他、

地元有志の方々や利用者団体として釧路山岳連盟の方々にお集まり頂きました。

Rimg0147

Rimg0149

みなさま、どうもありがとうございました!☆

そしてまた!どうぞよろしくお願い致します!

これは、今後この地域の標識を統一して見やすくしていこう、という流れの始まりでして、、、まだまだこれから作業は続きます♪♪♪

見て下さい、楽しそうなこと!

Rimg0150_2

「私も行きたい~☆」の方、どうぞ一声おかけ下さい。ネッ!

キクfootkiku

| | トラックバック (0)

まりもスイング♪♪♪

まりも中学校、、、ではありません。

ま、、、。(最近何でもマリモに見えたりマリモと云ってしまうというまりも病にかかってしまいました。)

もとい!

阿寒湖中学校の吹奏楽部のメンバーによる

「定期演奏会」が今日、ここまりむ館で開かれました。

Rimg0163

今はどうでもいいことですが、まりむ館のまりむとは何でしょうかっ?

ご存知でしたか?

マリモの夢=マリ(モ)(の)夢(音読みにした)

なのですよ!

*******

さて、話を戻しまして「定期演奏会」。

まりも祭りでは風がちょっかいを出していましたが、

今日はそんなことをされず、

ゆっくりゆったり演奏を楽しんでもらっているように聴こえました。

生演奏ってやっぱりいいですねぇ、、、、。

(昔むかしサックスを吹いていたわたしは、よく音楽の怖い方の先生に怒られていて、よく緊張してばかりでした。)

Rimg0157

Rimg0158

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

みせちゃいますよ!の山?

「何でも見せてくれるなぁ」

「あれも、これも♪(ムフフ)」

・・・・・なーんのこっちゃ。

頂上からの眺めがいい!っということです。

登山ガイド研修3日目の昨日は、舞台を斜里岳へと移しました。

Rimg0109t

屈斜路カルデラ、雌阿寒岳、雄阿寒岳、摩周岳に摩周湖、、、、、

Rimg0100

その向こう遠くには大雪山系(うほ~ぃ、雪♪雪♪)。

Rimg0101

それに、知床連山、遥か~な海の向こうの国後島爺爺岳。

Rimg0103t

Rimg0104t

     (↑この辺り)

今日は穏やかな日和で暖かでしたが、

時には、、、、

R0012012

寒ぅ~い日・時間はいつきてもおかしくありませんので、

どうぞ装備や心構えだけは、お忘れなきよう。

R0012005

写真は、とある年の10月23日です。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

9月24日の半分!

今日は旧暦でいう9月24日です。

お昼過ぎが、半分月になる下弦でした。

ぽっかり、秋の青空にはえていましたよ☆

Rimg0072

見えない、、、?

真ん中の上の方にほらっ!ちょこっと。

ちなみにこの写真は朝7時頃の斜里岳登山口です。

月齢 :22.66
輝面比:50.222%
二十四夜
下弦

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

今日もまた。

飽くなき練習です。

ウエスタンエイト♪

Rimg0043

Rimg0044

Rimg0045

これに後、口笛練習が必要でしょうか、、?!

なーんちゃっては置いておいて、

今日もまた、鉄塔での研修でした。

Rimg0047

なにをとっても、日々の積み重ね、ということでしょうかなぁ。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

ウエスタンエイト

きっと今日の風は、あるとすれば!の「秋一番」。

木々の葉の飛びっぷりのよさってばありませんでした。

さて、今日は10月登山ガイド研修の初日です。

スキー場の鉄塔修理。

Rimg0018_2

ではなく、引き上げシステム構築の練習でした。

そして、この写真は今日1番練習したのではなかろうか?と噂されるエイトノットという結びです。

Rimg0040

2年も研修を受けておいて今更~っ?と思われるほど、始めに習う結びです。

その大事な大事な”エイトノット”なのですが、、、、

Rimg0037

今日はそれを”ウエスタン風”に”かっこよく☆”結ぶ、を教えて頂きました。

もちろん!休憩中、お遊びとしてですよ~♪(念のため。)

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

たぬびより

エゾタヌキ。

昨夜はエゾタヌキを違う場所で2匹も見てしまいました。

それも、まりも国道上でです。

1匹は阿寒町で、1匹は阿寒湖の近くでした。

結構キツネは見かけるものですが、

四足といえども、キツネとはあきらかに”挙動不審さ”が違います。

小さなネズミがあっちへこっちへどうしよう~っといった感じ。

(そんなん、わかるかいな?って?、、、スミマセン。わかって下さい!と開き直り。)

まぁ、まずキツネとはフォーム(姿かたち)が違います。

スリムのキツネとぽっちゃりたぬき。

(実は短長の冬毛に覆われているから余計にそう見えているようです。)

足長と胴長短足。

それに、木登りせずと木登り上手。

ふむふむ。

実は、糠平にあるひがし大雪博物館に、

「キツネとタヌキの違い」をリストアップした表が展示されているのですが、

それを見た時、どうしたって、わたしはたぬ公に親近感を覚えずにはいられませんでした。

みなさん、秋は動物たちが色々な理由でうろちょろすることが多いです。

車を運転中や出会い頭の遭遇など、どうぞお気をつけください。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

秋色に誘われて

あでやかな夕焼けにやきもきし、

天気予報の雨マークにやきもき。

そんな昨晩でしたが、、、、

なんとまぁ!

今回も女性限定ツアー参加のみなさまの、

”普段の何とかの良さ”なのでしょうねっ!

(ニタっ)

太陽さんも青空ものぞいてくれたあったかな時間。

秋色ジュータン、ふかふかの森散策が出来ました。

Rimg0001_2

ご参加の皆さま、どうもありがとうございました☆

また、前田一歩園財団の森づくりの一面をご覧になってか、、、

お昼ご飯には、やきとり丼にシカカレーが大人気♪♪♪

Rimg0063

他にも、阿寒湖や北海道に由来のあるメニューがいろいろありましたから、

そこから選んで下さる方もあり、感謝感謝です。

ご参加下さいましたみなさま、ありがとうございました。

また、ご協力頂いておりますみなさま、ありがとうございます☆

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

夕陽

明日も、雨でしょうかなぁ、、、。

Rimg0003

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

今日もまた紅葉さんぽ

いらっしゃる前から、観光資料を取り寄せてそれを熟読。

「こうするとボケなくていいんよ。」とお客様。

なるほど。

もうすぐ80歳になられるというのに、

肩からはデジカメを下げ、リュックサックには i Padを忍ばせておいででした!

昨日遊覧船から撮影された写真を見せて頂いたのですが、その美しいことったら。

(ちなみに、この「iPad」という商品名を探しだすのにわたしはネットに向かって10分。ありゃりゃ)

昨日遊覧船下船後に立ち寄ったお土産屋さん、かと里(本店)の方に、

「”とてもよかったですよ!”って大絶賛されたんだ。」

、、と、今日はガイドツアーにご参加下さいました☆☆☆

(エミコさん、どうもありがとうございます♪♪♪)

太郎湖の紅葉もまだ見ごろ。

Rimg0083

ぼーっと、とてもゆったりした時間でした。

それから、モーターボートでの帰り道。

たまたま漂っていましたら、遠くから・・・・・”キョーン、キョーン”

クマゲラの鳴き声が聴こえてきました。

・・・・・キョーン、キョーン・・・キョーン、キョーン

「近づいてきましたね。」

「あ、きっとどこかに木にとまって鳴いていますよ。」

「ん?」

「あっ!あすこ!枯木のちょうど上の見やすいところに止まってる!」

モーターボートのエンジンも切ってもらい、

しばらく鳴き声とその姿に聴き惚れてしまいました♪

ちょうどTVhの取材が入っておりました。

(、、、だから?まっさかぁ。ミーハーなクマゲラなんているかしら?)

Rimg0085

その後もお客様にはすっかりご協力頂いてしまいました。

どうもありがとうございました!!!

Rimg0094

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

北の森の生きものたち

何が見えるのか、、、

Rimg0008

Rimg0011

ここは阿寒湖の北側の森。

”湖北の森”と呼ばれています。

普段なかなか立ち入ることの出来ない森には、

豊かな川が流れ、そこには魚たち、カワシンジュガイなどが生息しています。

ちょうど今日も、、、。

お腹を紅色に染めた大きな魚(名前分からず)、ニジマス、

碁石の様に並ぶカワシンジュガイ。

しかもこの二枚貝は、幼生が魚のエラに寄生しないと生存できませんから、

このカワシンジュガイの生息は宿主となる渓流魚も生息できる良好な森林渓流がある証拠になるようです。

ですから、大きなカワシンジュガイがいる川があっても、

稚貝が育っているかどうか、は別問題。

貝の高齢化社会(?)なのです。

その為、レッドデーターブックという絶滅のおそれのある野生生物について記載したデータブックでは、「絶滅危惧II類(VU)」という欄に載ってしまっています。

あ~、あ~、、、

(たまに長く書くと、途中発声練習が必要になってしまいます。

まま、読んでくださっている方もどうぞ深呼吸を。)

Rimg0016

さて、つまりは、湖北の森に流れるこの川には、カワシンジュガイの稚貝~長生きまで生息しているのです。、、、ということを言いたかったのです!

お付き合いありがとうございます。

どの世界も、いろんな年代がいることのおもしろさ、大事さを想うこの頃です。

Rimg0046

Rimg0034

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

今年はキタサンショウウオですよ♪

前田一歩園財団さん主催の”一歩園自然セミナー”が今年も開催されます!

今年のテーマは、

キタサンショウウオは凍っても死なない、ってホント? 

~まだまだ知らないキタサンショウウオの生態のナゾ~

「キタサンショウウオは、国後島を除くと、日本では唯一、釧路湿原に分布が確認されている貴重な両生類である。」

なんだそうです。

釧路湿原はお隣さん。

そのお隣さんのこと、見聞きしに行きませんか?

★開催日時 

平成23年11月6日(

受付/9時15分~

室内講義(第一部)10時00分~11時30分
   現地観察(第二部)13時30分~15時00分 

★定員

一般参加者 先着申込50名程度(参加費 無料)講演50名、現地観察30名
現地観察には室内講義を参加することが条件で申込先着順

★参加費 無料

★会 

・室内講義(第一部)

釧路プリンスホテル(北斗の間) 釧路市幸町7-1 ℡0154-31-1111

・現地観察(第二部)

釧路市美濃又は北斗地区/釧路湿原南西端周辺

★講師 佐藤孝則氏(天理大学おやさと研究所教授)

★主催 (財)前田一歩園財団

★後援  環境省釧路自然環境事務所

★協力  NPO法人 環境把握推進ネットワーク―PEG

★お申込・お問合せ先

 (財)前田一歩園財団「一歩園自然セミナー」係(担当 山本さん)
電話0154-67-2207 

 e-mail akanko☆ippoen.or.jp(←☆印を@に変えてご利用下さい)

キクfootkikuo

↓詳細は、どうぞ下の画像をご覧ください(クリックすると大きくなります。)

_0001_2

| | トラックバック (0)

秋日和♪

昨日、今年の「秋」はロマンスグレーかしら?、、、と書いたのですが、なんのその。

モーターボートからの彩りは、森のもこもこした感じがよりカラフルで、まるでお菓子の様でした。

今日の阿寒:秋ツアーの様子をご覧ください☆

まりも祭りにはぜひ来なくっちゃ!と阿寒湖にいらせて下さったお客様。

楽しい時間でしたね。

ご参加ありがとうとざいました!

Rimg0014_3

Rimg0009_3

Rimg0046_2   

(いつもと違うことをすると、写真がうまくはいりません!)

キクfootkikuo 

| | トラックバック (0)

おちびちゃんたちも、まりも祭り

第62回まりも祭りも最終日を迎えました。

まりも行列がアイヌコタンから湖岸園地まで練り歩きます。

Rimg0024

その頃、この後に行われるカムイノミの為、

湖岸には新しいイナウ(ご幣)やご馳走が用意されていました。

Rimg0037

阿寒湖中学校吹奏楽部による演奏もありました。

風に譜面を飛ばされるなどいたずらをされながらも、

素敵なハーモニーを聞かせてくれましたよ!

Rimg0048

その後まりも行列が湖岸園地に入り、カムイノミが行われ、、、

Rimg0061

その後は!

↓男の子たち、女の子たちも、踊りをご披露(可愛い~♪)。

Rimg0071

Rimg0076

まりもの神さまたちも楽しんで頂けたでしょうかナ、、、

お集まり下さったみなさま、ありがとうございました。

天気にも恵まれ、感謝感謝です。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

まりも・ま~り~も~♪

Rimg0001

いい笑顔ですねっ♪

この笑顔に今年のまりも踊りも期待いっぱいに膨らみましたが、、、

わたしたちガイドはこの後一路光の森へ向かいました。

(今日は台湾の方々をご案内~。)

、、、という訳で、

ここからは阿寒やきとり丼広報担当のKさん撮影写真をご紹介いたします☆

エコミュージアムセンターを出発し、アイヌコタンまでを踊ったまりも踊りの方々、それから御神輿です。

P1080297_3

P1080301

P1080342

夜のまりもを迎える儀式、タイマツ行進、マリモを護る儀式の様子は観光協会いくこさんの撮影。

Img_4978_2 

みなさま、ご参加ありがとうございました。

明日もどうぞお楽しみください☆

進行表など詳しくは、コチラをご覧ください。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

 まりも祭り、始まりましたよ!

「さあさっ!よっといで、見においで!」

いよいよ、第62回まりも祭りが今日から始まりました。

Rimg0118

初日の今日、午前中はまりもについてのセミナー。

まりも研究の第一人者である若菜氏によるレクチャーでした。

(、、、他にまりも研究者はいらっしゃるのかしら?いや、きっといらっしゃると思います!なんたって、天然記念物ですし、そそられるおもしろい生態!)

何々?

阿寒湖の透明度が上がってきたゆえに、新しい水中の生きものたち(マリモや水草など)の動きがみられるようになってきた?

ですって?!

参加下さった30名ほどの方々は、最新のまりものヒミツ☆(?)を知ってしまいました。

ぜひ、来年はみなさんもお越し下さい♪

Rimg0046

続く午後からは、まりも生息地見学会

普段、お客様にまりもをご覧頂いております場所は、

チュウルイ島にある展示観察センターです。

↓遊覧船が分かるでしょうか?

(うっ、分かりにくいですね。クリックして大きくして下さい!)

Img_4941

阿寒湖温泉から船で島に行くわけですが、

生息地はその奥の湾にあります。

普段は生息地は保護のため立入が制限されているのですが、

このまりも祭りの時は特別に見学出来るのです。

(バスで湖の北側へ移動します。)

Img_4935

船で丸くて大きなまりもの群落(表現が難しい、、、)を観察。

今日は凪いでおり、晴れ過ぎてもおらず、まりも観察には絶好の日和でした♪

Img_4898

岸辺に打ち上げられてしまっているまりもは湖へ返します。

が、その前にジロリ。

Img_4913

この辺りは特に、大きいまりも達がいるところです。

さて、明日2日目も盛りだくさんですよ!

13時からまりも踊り行進・まりも神輿がエコミュージアム前から出発します☆

詳しくは、コチラをご覧ください。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

アザラシってどんな動物?海鳥の飛んでる姿、近くでみたことある?

、、、、、。

えぇ、阿寒湖にアザラシはいません。

(トドは出没するかもしれませんけれど?!2本足の。)

けれど、阿寒湖のほとりに聳える雌阿寒岳、雄阿寒岳からは太平洋が望めます。

その太平洋には、アザラシが棲まう場所があります!

そしてこの道東沖には、世界中から海鳥たちが集まってきます。

以前にシャチがやってくるということをご紹介しましたが、

他にも、こんなに道東の海はにぎやか、豊かなのですよ!っという

紹介が、釧路市立博物館で行われます。

1

10月8日(土):環境教育事業「アザラシ授業」

13時半~15時(定員30人)参加費無料

10月9日(日):講演会「海鳥たちの交差点・道東の海」

13時半~15時 参加費無料

また、10月8日(土)~10日(月)の三連休には、

特別展示「海の動物を調べるとは」

海の動物って、どうやって調べるか知っていますか?

特別展示でその方法を少しだけ教えちゃいます!

が行われますよ!

お問い合わせは、釧路市立博物館(0154-41-5809)までどうぞ。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

明日から、旬のツアーが始まります☆

告知が急で申し訳ありません。

明日10月7日(金)から16日(日)までの10日間。

旬の秋探しツアーを行います。

なんと今回は、モーターボートに乗り込み、岸辺の秋を満喫しに船を走らせます。

「びゅんっっと行って帰ってくるだけ~?」

、、、ではありませんよ!

なんと、モーターボート主催の観光汽船さんも初めて(?)の試みです。

温泉街の岸辺とは異なった様相の雄阿寒岳が阿寒湖に入り込むところ。

雄阿寒岳の溶岩がごろんごろんとしてはいるのですが、そこに木々が生え、今は秋の彩りを添えています。

その辺りの紅葉を、船をゆっくりすすませながら堪能。

ところによっては、、、船を停めます。

えっ船酔いする??

(、、、そんな時はやめておきますのでお伝えください☆)

それから!

滝口でいったんモーターボートとお別れし、水音豊かな水辺を散策しましょう。

詳しくは、チラシをご覧ください。

クリックすると大きくなります。

Photo

お待ちしております~♪♪♪

ちなみに、紅葉は3割、、、3.5割、、、くらいでしょうか。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

「ごちそ~!!!」

なんて 子どもと森の風景 はわくわく、ほっとするのでしょう?!

その森の中で、

「ごちそ~!!!」

という声がありました♪

Rimg0033

Rimg0037_2

食べちゃいません。ちゃんと逃がしましたとも!↑

Rimg0058

先日行われました、

阿寒エゾシカハイキング&アウトドアクッキング☆

穏やかに晴れた朝から集まってきた子どもたちとのひと時がどんなだったかは、

どうぞこちらをご覧ください♪♪♪

keikoさんがとくとくと書いておいでです♪)

FMくしろのひらさこさんのブログでもその模様これまた紹介されています。

Rimg0052

追加:阿寒ネイチャーセンターの岳ちゃんブログでも行進!もとい、更新!

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

まりも祭り(10月8日~10日)

毎年変わらぬ日(10月8日~10日)に行っておりますまりも祭り。

今年は62年目になります。

ちょうど三連休と重なりました。

紅葉もけっこう見ごろの時期ではないでしょうか?

始まりの8日にはまりも生息についての講演があり、続いてまりも生息地見学が行われます。

”阿寒湖といえばまりも”、、、、、といえども、

野生のまりも(?!)が生きているところへは普段行くことができません。

ですので、普段は動物園(まりもは植物です)のような存在である

「まりも展示観察センター」に遊覧船で行くことになります。

年に一度、一般の方にも広く門戸が開かれるこの日。

ぜひ最先端の研究や現地の取り組みについてお聞きにいらして下さい

111008_marimo020001

お待ちしております♪(↑画像をクリックすると大きくなります)

翌日9日には、

まりも踊り行進・まりも神輿、まりもを迎える儀式、まりもを護る儀式(アイヌ民族舞踊の競演)が行われ、

翌々日10日は、

まりもを送る儀式として、カムイノミ、まりも行列、まりもを湖に送る儀式があります。

文章をお読みになって「なんのコッチャ?!」の方は、、、

(えっ?これだけじゃ分からない?)

どうぞ百聞は一見に如かず

といいますので、やっぱりどうしたって、

どうぞ阿寒湖温泉にいらっしゃーい!デス。

111008_marimo010001

↑こちらは全体のスケジュールです。

クリックすると大きくなります。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

理科2日目。

その日の夜は、”天文教室”☆となりました。

天体望遠鏡の組み立て方を習います。

Rimg0074

まぁ!なんて懐かしい木の箱でしょう!

木の箱に木の三脚。

旧釧路青少年科学館時代の屈折望遠鏡です。

Rimg0078

さて、組み立てていくとこんな感じです。

Rimg0080

この三脚には、「赤道儀式架台 」というなんやら小難しい名前のものが使われました。

良く知っている上下左右の動きだけではなく、天体の動きをスムーズに追尾できるようになっています。

Rimg0081

(ほ~ぉ!と云いながら、まだピンときていません、、、)

初めて習う理科ですから!

この日は組み立てだけでしたが、今後はお星様を見られるように設置しなければなりません。

なかなかこれが大変なようでして、、、、

またレポート致します☆

阿寒の星夜は絶品ですから、そのうち(今も少し)一緒に共有できたら嬉しいです。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

理科に始まった10月1日。

さて、昨日は前田一歩園財団主催の「ネイチャーウォッチング」が行われました。

なんと、約60人もの子どもたちが集い、

Rimg0205

午前中は外来生物についての講義を受け、

Rimg0215

↑紙芝居のようなスライドで、沖縄のハブ、マングース、ヤンバルクイナの関係性と外来生物とはなんぞや?何が問題?どうしたらいいのか?を学びました。

午後はオンネトー湯の滝で、、、

Rimg0224

Rimg0229

何故外来生物を駆除するのか、を小難しく学んだ後、外来生物である

ティラピアとグッピーの駆除を行いました。

普段から木や火山について勉強しているものの、今日はまさしく”理科”の授業の様でした☆☆☆

Rimg0241

Rimg0235

そのなんとまぁ、にぎやかなこと!

何故食べもしない命を捨てなければならないのでしょうか?

Rimg0232

そもそもの原因は、、、、

子どもたちは何を持ちかえったのでしょうか、な。

キクfootkikuo

| | トラックバック (0)

阿寒湖畔スキー場からのお知らせ

みなさん、こんにちは。
heart01いくりんheart01です。
今日はスキー場事業部の
heart01いくりんheart01として登場ですwink

今日は快晴 の阿寒湖。
でも、寒い。。。 とっても寒い。。。
でも、寒いということは…
やっと待ち望んでいた季節がやってきます。

2012akanski1_2

と、いうことで
本日、10月1日より国設阿寒湖畔スキー場【ウタラ】の
『早割シーズン券』申込販売を開始いたします

通常 25,000円のシーズン券が、
なんと
20%OFFの 20,000円になります

(小人は15,000円が、12,000円に)


お申し込みはこちらから
12月20日までの限定販売です


是非、あなたも阿寒の『魔法の雪質』を体験してください

たくさんの皆さまのお申込みを
スキー場スタッフ一同お待ちしております。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »