« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

阿寒パスポート 発売!!!!

昨日、今日と肌寒い日が続きましたが、今日は朝から夏日和な青空sun

半袖が気持ちいいぐらいの気温ですhappy02

Imgp7529

阿寒湖畔展望台からの景色もサイコ~note

さて、今月6月1日から阿寒観光協会では観光にとってもお得なパスポートを発売し始めましたshine

その名も

shine阿寒パスポートshine

パスポートの内容は、

お買い上げ日より3日間の間で、

①阿寒湖畔のスイーツ店から1店舗でお得なケーキセットのご提供

②アイヌシアターイコロでのご鑑賞

③観光遊覧船のご乗船

④阿寒国際ツルセンター(阿寒町)の入場

⑤阿寒の体験ツアーの割引

⑥お食事処でのちょこっとサービス

これだけいろいろ楽しめて気になる料金は

大人 1名様 2,980

子供 1名様 2,580

となっています。

しかも①~④は1回のみ有効ですが、⑤⑥は期間中何回でも有効sign03

阿寒湖に滞在されるお客様にはとってもお得なチケットとなっていますsmile

このチケットは阿寒観光協会、阿寒湖畔の各ホテル、阿寒町の赤いベレーで販売しています。

販売期間は6月1日~10月6日までですsign01

阿寒湖にお越しの際はぜひこのお得なチケットを活用してみてはいかがですか~scissors

A4

    A4_2

| | トラックバック (0)

エゾシカ肉を使った期間限定メニュー提供中!!!

前回のブログで書きましたが、7月6・7日は

新・ご当地グルメグランプリ北海道 2013」が開催されますsign03

もちろん阿寒の「阿寒やきとり丼」も参戦しますよ~sign01

このイベントに先駆けてエゾシカ肉を使用する

阿寒の「阿寒やきとり丼」、

南富良野の「南富良野ザ・ヘルシーカツ丼」の

エゾシカチームがタッグを組み、期間限定で特製メニューを提供しますshine

その名も

shine芽室コーンたっぷり!!! 

  阿寒・南富が今度こそ勝つ!カレーshine

Dsc_1252

このカレーにくまざさ茶japaneseteaデザートcakeがついて

(阿寒ではコーンアイスshine。 南富・芽室ではマリモプリンshine

なんと1食 767sign03

めっちゃお得だ~happy02sign03

6月24日7月5日までの期間限定で各店1日10食限定ですnotes

シカカツを食べて、今年は勝ちに行きましょ~happy02

present提供店舗present

・釧路市阿寒町  お食事処「味心」

・南富良野町  レストランなんぷてい

・芽室町  レストランHIRO

Photo

| | トラックバック (0)

新・ご当地グルメグランプリ北海道2013 in 十勝芽室

今年もこの季節が近づいてきましたheart04

shineshine新・ご当地グルメグランプリshineshine

道内15地域からご当地食材を使った新・ご当地グルメが一同に集まり、

「味・人気・コストパフォーマンス」を競い、グランプリを決定しますsign03

我が阿寒湖温泉からももちろん「阿寒やきとり丼」が出店しますshine

当日出店する新・ご当地グルメは1食500円で販売します。

1人でいっぱい食べてもよしsign01

みんなで複数購入して分け合ってもよしsign01

いろいろなご新・当地グルメを楽しんで頂ければと思いますhappy02

そして当日は阿寒湖温泉から日帰り応援バスツアーが運行しますsign03

スケジュールとしては、

9:00 阿寒湖温泉出発

11:30~13:30 芽室公園(新・ご当地グルメグランプリ会場)

13:40~14:30 みのり~む(JAめむろ直売所)

15:00~16:00 足寄町休憩

17:00 阿寒湖温泉着

参加料大人1名様3000円でバス代金、食券2枚、保険料が含まれます。

2食以上の新・ご当地グルメを食べたいという方は申し込み時に食券を追加購入できます。

新・ご当地グルメを楽しんだ後は、直売所で新鮮な野菜などのお買いものタイムもありますので、1日で北海道のグルメと十勝を満喫できるとってもおススメツアーですshine

先着40名様なのでお申し込みはお早めにsign01

みんなで阿寒やきとり丼がグランプリになるように応援しに行きましょうpunch

皆様のご参加をおまちしていまーすheart04

お申し込み・お問い合わせ先

阿寒やきとり丼地域活性化協議会事務局長 草皆

TEL:0154-67-2505

1bc2946d

6ea9f78a

| | トラックバック (0)

雄阿寒岳登山情報 6/11

朝から雲ひとつない青空の阿寒湖sun

6月23日に雄阿寒岳山開きが開催されるので、その前に登山道チェックに行ってきましたfuji

太郎湖、次郎湖は青空が湖面に映ってとてもきれいshine

Imgp6838

Imgp6836

平日ですが、天気がいいということで登山者もたくさん入っていましたnotes

Imgp6751

森の中も登山者を出迎えるかのようにお花が見頃ですclover

Imgp6749

Imgp6767

Imgp6775

Imgp6821

天然のシイタケも発見sign03

Imgp6809

登山道には倒木が5,6本あったので、切って道を通れるようにします。

Imgp6794

10日前に登った時は倒れていなかった立派なマツの木が倒れていたのにはびっくりでした。

Imgp6819

人がいない時に倒れたようで、良かった・・・

だいぶ朽ちていたようですsweat01

作業しながら登ったので5合目まででしたが、5合目からの景色は最高でしたshine

Imgp6755

きっと山頂からの景色も良かったんだろうなぁhappy02

Imgp6756

(5合目付近では桜の花も咲いていましたよcherryblossom

10日前の登山道はまだ雪が残っていましたが、もう登山道に雪は無いので夏靴で登れますnote

ぜひ山頂からの絶景を見に来てくださ~いhappy02

※ちなみに雄阿寒岳山開きは申し込み人数が定員に達したため募集は締め切らせていただきました。

| | トラックバック (0)

くしろエコ・フェア2013

やっと夏らしくなってきた阿寒湖fuji (春はあっという間に過ぎ去った・・・)

今日も朝から半袖日和の1日でしたnote

先週、6月8日に釧路市こども遊学館で「くしろエコ・フェア2013」が開催されました。

このイベントでは子供たちに環境のことを見て、聞いて、触れて、と実際に体験することでより良い環境作りを目指せるように感じてもらえれば・・・と、様々な団体さんが体験コーナーをだしていますshine

その中でマリモ研究室さんの「shineMYマリモ作りshine」コーナーのお手伝いをさせていただきましたnotes

午前と午後の2回行いましたが、どちらも大人気であっという間に満員good

Imgp6681

まずは作る前にマリモについて講師の若菜先生からマリモのお話を聞きますshine

Imgp6614

マリモって植物?動物? マリモって何を食べて生きてるの?

丸くて緑色ってこと以外はみんな知らないことばかりflair

マリモの事がよく分かったことで、実際にそのマリモを作ります。

こちらがマリモ ↓↓↓

Imgp6593

ん?丸くな~いsign01って思った方がいると思いますsweat01

実はマリモってもともと丸い形ではなくてこの糸状のものが丸くなったものなのですsign01

(より詳しいことを知りたい人は阿寒湖畔EMCsign01

Imgp6623

この破片を合わせて形を作っていきます。

Imgp6632

そしてICチップを中にいれてマリモをかぶせてふたをしますshine

Imgp6633

ICチップを入れたのはあとで誰のマリモかわかるようにする為です。

Imgp6634

このままだとバラバラになってしまうので糸で丸めて形を整えます。

Imgp6639

よーしっ、完成shine

Imgp6646

これを身長・体重を計測した後に水槽に入れます。

Imgp6647

私のマリモは19.8g。なかなかスマートですshine

Imgp6662

みんなの作ったマリモを見るといろいろな形、大きさがあってそれぞれの個性が出て面白いですshine

ちなみにこの↓↓マリモは2011年のエコフェアで子供たちが作ったものを水槽で育てたもの。

Imgp6661

2年もたつと、丸めた糸がわからなくなるくらい生長していることがわかりますshine

今回はこのマリモ達を阿寒湖のシリコマベツ湾に放流してその後、どれだけ生長していくか経過観測していきます。

シリコマベツ湾は阿寒湖で初めて丸いマリモを発見した場所であり、そのあとマリモがいなくなってしまった場所でもあります。

今回のマリモ作りは、マリモを放流し経過観測していき、今後マリモがまたここで再生できるようにするための大事な実験の第1歩になります。

このあと、自分の作ったマリモがこれから湖の中でどう育っていくのかとても楽しみなことですね。

大きくなりますよーにnote

Imgp6657

| | トラックバック (0)

雄阿寒岳 登山情報 6/1

毎日毎日、温泉街から見る雄阿寒岳の山shine

Imgp6160

山頂のほうはまだまだ白いものがちらちら見えていて、

どれだけ雪が残っているのか気になったので実際登って見てきましたhappy02

登山口を入ってすぐと、1号目の手前あたりの斜面ではエゾオオサクラソウが満開note

Img_1499

Img_1500

一面ピンクの世界が広がっていてメルヘンな世界に引き込まれましたheart04

2,5合目~3合目のあたりで少し雪が残っていましたが

踏み跡がしっかりと残っているのでルートは明瞭です。

Imgp6308

久々に登ると、やっぱり5合目までが長い…sweat01

雄阿寒岳は5合目まで来たら8割は登ったようなものですsign01

5合目まで来ると樹林帯の中から抜け出し阿寒湖の展望が開けますshine

Imgp6361_2

5合目から6合目は雪がまだ残っていてルートが不明瞭となっていますので、道迷いに注意して下さいsign03

Imgp6336

Imgp6340

私は5合目からショートカットしようと雪原を直登していったら、

見事に雪が無くなったところからハイマツの海にのみ込まれました…sweat02

暑い中、ハイマツをこいでこいで、どうにか7号目の先のルートに合流wobbly

(ちゃんと登山道どおりに歩きましょうね…sweat02

よしっ、久々の山頂sign03

Imgp6347

昨年は登山道整備で毎月登っていたのですが、1回も山頂を踏む事はなかった・・・sweat01

雲が流れる中、山頂からしか全景を見ることのできない「ペンケトー」「パンケトー」の姿がsign03

Imgp6350

(↑クリックすると大きくなります。)

この景色は山頂に来た人だけのご褒美ですshine

6月23日には「雄阿寒岳山開き」が開催されますので、

ぜひみんなで一緒に山に登りに行きましょ~happy02

| | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »