« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

阿寒のおススメご飯!

阿寒湖に来た時に、何食べようかなぁ~って悩む方は多いと思いますrestaurantshine

私も外に遊びに行った時はお昼ご飯はすごーく悩みますsweat01

ので、このブログでちょこちょこ阿寒のおススメどころをupしていきたいと思いますhappy02

そこで、私のおススメご飯notes

まりもの里商店街にある味心さんの一番人気メニューshine

深山丼(みやまどん)

Imgp0796

たれにつけて焼いた鹿肉をどんぶりにしたもので、

その上に乗るのは山菜の王様、行者ニンニクshine

Imgp0797

これが、う~ん、美味し~lovelygood

鹿肉が鹿肉と思えないくらい柔らかいのですsign03

鹿肉って固くて臭くて・・・って言う人が多いと思いますが、そんなことはありません。

味心さんのこのどんぶりを食べたら鹿肉に対する意識が変わると思いますsign01

そして、自家製のたれの甘みでご飯が進む、進むsign03

あっという間に完食ですgood

もうひとつの人気メニューが味心カレーshine

Imgp0795

この写真はエゾシカコーンカツカレーという隠れメニューnote

Imgp0794

カレーの上に鹿肉のカツとコーンがたっぷりのったボリュームたっぷりな1品shine

このカレーがまた美味し~happy02good

ルーのとろみと辛さの中にある甘みでご飯が進む、進むsign01

2品に使っている鹿肉は阿寒の森で獲れたものですshine

ぜひ阿寒に来たら阿寒の地産地消メニューをご賞味あれhappy02

味心

TEL : 0154-67-2848

| | トラックバック (0)

さらに積雪後の阿寒川は…

積雪後、阿寒川の状態も気になったのでちらっと見に行ってきましたrun

森の中はまだ雪がちらほらsnow

Img_1914

雪の中の落ち葉がきれいshine

Img_1930

阿寒川は紅葉がピークを少し過ぎたあたりですが、まだまだ見頃sign01

Img_1976

阿寒川は赤く色づく葉の樹種が多いので、実は阿寒の中でもベスト3に入る紅葉スポットなのですよsign03

(私的な考えですが・・・sweat01

阿寒川の様子をご覧くださいsign03

Img_1951

Img_1939

Img_1992

Img_1966

ちらっと見に行くはずが、紅葉の美しさに魅入ってしまい、

気づいたらあっという間に時間が過ぎてしまっていました・・・sweat01

| | トラックバック (0)

積雪後の光の森は…

16日は台風26号の通過で道内各地は大荒れとなりました。

阿寒湖もまさかの大雪、15センチ程の積雪を観測snowsnow

強風が吹き荒れていたので、紅葉も飛ばされちゃったかなぁcrying

・・・と思いながらどきどき、光の森へ行ってきましたclover

森の中にぽっかりと開けた手塚沼では、しっかりと色づいた葉が残っていましたsign01

Imgp0497

枝が何本か折れている木もありましたが、それでも葉が残っていることにびっくりhappy02

しかも足元は雪snow。見上げると紅葉maple。さらに青空もsun

Imgp0531

Imgp0506

この紅葉と雪のコラボレーションは、今だけの期間限定maple

Imgp0526

とっても貴重な景色ですshine

季節外れの雪歩きも楽しめた1日でしたnote

| | トラックバック (0)

こちらも紅葉バッチリの「光の森」ツアー

連休2日目も朝からいい天気の阿寒湖ですsun

このまま明日もいい天気が続きますように~happy02

(週明けは台風typhoonが近づく恐れがありますので・・・皆様ご注意をsign03

さて、今日は阿寒湖の南側にある前田一歩園の光の森をお客様と歩いてきましたshine

この森も紅葉の見頃がピークを迎えておりますmaple

Imgp0301

森の中に広がる「手塚沼」では、モミジやカエデがばっちり色づいていましたgood

Imgp0286

紅葉の向こうは青空が広がりますshine

Imgp0284

この赤と青のコントラストが素晴らし~happy02

Imgp0287

私とお客様は写真を撮るのに夢中・・・になる程の美しさだったんですよ~lovely

そしてこのツアーの目玉は、「光の森」の奥で鎮座するのが樹齢800といわれる桂の巨木shine

800年前から阿寒の森を見ていたと思うと、とても感慨深いものですshine

Imgp0277

樹高も33mあるので、写真に収まりきれませんっsweat01

桂の木のまわりではこの時期特有の甘~い香りが漂っていましたshine

光の森は、どの時期も素晴らしく、これから雪が積もる冬の時期もご案内しておりますsnow

皆様のご参加お待ちしておりますnote

光の森ウォーキング」ツアー (←詳しくはクリック)

催行時間:9:30~11:30 / 13:00~15:00 (所要2時間)

集合場所:国設阿寒湖畔スキー場

料   金:1名様 3,500円(ガイド料・保険料込)

| | トラックバック (0)

紅葉バッチリの「湖北の森」ツアー

今日の阿寒湖は朝から快晴sun 

3連休のスタートとしては最高のお天気ですsun

でも風は強いので帽子など飛ばされませぬようご注意をtyphoon

阿寒ガイドツアーでは、10月いっぱいの期間限定で「湖北の森」ツアーをご案内していますshine

昨日もお客様と湖北の森を歩いてきましたnote

湖北の森は入口にゲートに鍵がかかっているので普段立ち入ることはできません。

…ので、北側の森を歩くだけでもとっても貴重な体験shine

Imgp0260

森の中に入ると、紅葉は一番の見頃でしたshine

少し雨が降っていた分、紅葉もしっとりとした雰囲気maple

Imgp0270

パンケトーから阿寒湖に流れ出るイベシベツ川沿いの道を歩いていきますshine

森の中には清流の流れる音だけが響き渡ります。

Imgp0261

イベシベツ川の上流部にある乙女の滝shine

Imgp0266

乙女の滝と紅葉の美しさに魅了されるお客様shine

湖北の森ではカツラ、ミズナラ、イタヤカエデ、ハウチワカエデ、ヤマモミジ、ナナカマド等々…たくさんの木々が色づいていましたmaple

赤・橙・黄色・緑と葉の色のグラデーションが素晴らし~happy02

これから紅葉した葉が落ち始めますが、落ち葉の中を歩くのもとても気持ちいいのでおススメですgood

Img_5919

湖北の森」ツアー (←詳しくはクリック)

催  行  日:2013年10月1日~10月31日

催行時間:9:00~12:00 (所要3時間)

集合場所:阿寒湖まりむ館

料   金:1名様 6,000円(ガイド料・保険料込)

11限定4名様まで)となっております。

| | トラックバック (0)

マリモセミナー・マリモ生息地観察会

shine昨日10月8日から第64まりも祭りが始まりましたshine

初日の8日は、マリモを研究している先生によるマリモセミナーとマリモ生息地見学会が開催されました。

午前中のセミナーでは、阿寒湖でマリモを研究している釧路市教育委員会 マリモ研究室 若菜勇室長による最新のマリモの情報が講演されました。

Img_9098

今年のテーマは「水草の繁茂によって圧迫されるマリモの生育状況」。

Imgp0222

阿寒湖では丸いマリモはどこにでも生息しているわけではなく、実は阿寒湖の北側にあるチュウルイ湾とキネタンペ湾だけしか生息していないのですsign01

・・・が、チュウルイ湾の球状マリモが11年前に比べて分布面積が3割縮小していることがわかりました。

その理由というのが、題名でもあるマツモやエゾヤナギモといった水草の大量繁茂が関係あるのです。

球状マリモというのは、波の動きによって回転し満遍なく光を受け球状の集合体に成長していきますshine

そして大きく成長したマリモというのは、5~9年周期で起こる強風による波によって湖岸に打ち上げられ、下層にいる小さなマリモが新たに成長を始め、マリモの層の中で更新が行われていきます。

Imgp8982

ここ数年では、水草が繁茂したことで、水草が堤防のように波を押さえ、マリモの回転を妨げたり、光がマリモに届かなくなり光合成ができなくなってしまったことが、マリモの分布面積が縮小している要因の一つとして見られているのです。

このまま水草がどんどん増えていってしまうと、マリモの数が減少していくと予測されていますsign01

じゃあ、なんで水草が増え始めたのかというと、実は阿寒湖の水がきれいになっってきたことが原因なのです・・・

阿寒湖は1950年代以降、生活排水の流入によって湖水が汚濁し、浄化対策として80年代に公共下水道の整備が行われたことで湖水の透明度が上昇し水質が改善されてきました。

・・・が、透明度の上昇と共に、成長速度の速い水草がどんどんと増えていってしまった訳で、今後、水草をどうするか対策が必要となっていますsign01

そして、午後からはマリモ生息地であるチュウルイ湾に移動します。

この湾は特別保護区として指定されているので、一般の方の立ち入りは制限されている場所ですshine

この日だけ一般の人が立ち入ることができるとても貴重な日なのですhappy02

Img_9192

こちらがチュウルイ湾。雄阿寒岳も南側から見る姿とはちょっと違います。

Imgp0225

足元を見てみると、おまんじゅうのようにつぶれたマリモがたくさん打ち上げられていましたsign01

阿寒湖のマリモを触ることができるのもこの観察会ならではですlovely

Img_9167

ここから漁船に乗り込み、のぞきメガネで湖底にいるマリモの生育の様子を観察します。

Img_9177

日が差し込んでいたので肉眼でも湖底のマリモは確認できましたが、水草の繁茂具合も確認されました。

Imgp0237

毎年、この観察会に参加しているのですが、今年は特に水草が多く感じましたsign01

そして、観察後は、阿寒湖の西側のイベシベツ湾でマリモ保護会の松岡会長からのお話を頂きました。

Img_9208

このイベシベツ湾は球状マリモが初めて発見された場所であり、今はいなくなってしまった場所でもあります。

今、この湾ではマリモの再生事業が始まりました。

展示でバラバラに壊れたマリモにICチップを入れて手で丸めた人工マリモ(その時の様子)を湾に放流し、経過観測していく実験です。

Img_9171

今後、この湾でもマリモが復活していく事を願いますshine

このマリモセミナー・マリモ生息地観察会はまりも祭りの初日に行われているイベントとなっておりますので、興味ある方はぜひ来年のご参加をお待ちしておりますhappy02

| | トラックバック (0)

★☆★10月イベント情報★☆★

阿寒湖では、紅葉が見ごろを迎えていますwink

秋も楽しいイベント盛りだくさんですよ~happy01shine

mapleイオマンテの火まつり 9/1-11/30

 毎晩21:00からアイヌシアターイコロで公演しています。

 (10/9はまりも祭りのため休演とさせていただきます。)

maple第64回まりも祭り 10/8-10/10

まりもやアイヌの伝統に触れていただけるお祭りです。

Photo

maple第一回阿寒湖クリーン・マリモ・ウォーク 10/12

普段は立ち入ることのできない。阿寒湖の北側、マリモの棲むチュウルイ湾も続く道を歩きます。

★申込〆切は10月6日ですが、まだ空きがございます適宜受付しておりますので、ご希望の方は、阿寒観光協会(0154-67-3200)まで連絡くださいね。

| | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »