« 2月26日 早朝ツアー | トップページ | 早朝散歩ツアー 2/27 »

冬の雄阿寒岳情報!!! (2/25ver.)

今週はお天気の日が続いている阿寒湖sun

こんな日は山に行かなきゃでしょsign03

ってことでお休みに雄阿寒岳に登ってきましたfuji

雄阿寒岳は人の手が入っていない原生林の森shine

夏場は多くの登山者が登りに来る日本百名山の一つでもあるのですsign01

Dpp_0285__2

光が差し込む森の中を気持ち良く登っていきますrun

登っていくとだんだん植生が変わってきます。

Dpp_0284__2

松が多い中にダケカンバが少しづつ増えてきました。

Dpp_0283__2

気づいたらダケカンバだけになっていましたshine

夏だったら葉が光を遮ってくれていたけど、

今は葉が落ち上から降り注ぐ太陽の光と雪面に反射する光でとても暖かいcatface

でもあまりのまぶしさにサングラスが無いとすぐ雪目になってしまうほどですeyeglass

Dpp_0275__2

ダケカンバの林を過ぎるとそこはただの雪原。

夏場にあるハイマツ帯はすべて雪の下に埋もれています。

Dpp_0276__2

8合目の気象観測所跡はきれいなえびのしっぽの造形ができていましたsign03

Imgp6345

(↑↑↑夏場はこんな感じです。全く違う形に・・・sweat01

Dpp_0278__2

風が強いほど風上に成長していくそうで、方角を見てみると北西からの風が強いのがわかりました。

Dpp_0279__2

9号目の標識看板もすごいことに・・・sweat02

山頂についてみると、全くの無風、雲ひとつない青空、気温も高いsign01

こんなにもいい日は初めてでしたhappy02

Dpp_0289_

周りを見渡すと、山頂からしか全景を望む事の出来ないパンケトー・ペンケトー。

その奥には藻琴山、屈斜路湖、斜里岳、知床連山、オホーツク海。

Dpp_0281_

反対側には雌阿寒岳、阿寒湖。奥には大雪山、十勝連峰、日高山脈が続きます。

360度の絶景が広がっていましたshine

Dpp_0282_

今日は向こうの山からもこっちが見えているんだろうな~notes

このまま山頂で景色を見続けていたい気持ちをぐっと我慢し、ゆっくりと下山しました。

冬山情報を載せていますが、冬山登山にはしっかりとした装備・技術が必要となってきますsign03

登られる方は安全第一で無理をせずに冬山を楽しんでくださいねwink

ガイドNcat

|

« 2月26日 早朝ツアー | トップページ | 早朝散歩ツアー 2/27 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499748/55147275

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の雄阿寒岳情報!!! (2/25ver.):

« 2月26日 早朝ツアー | トップページ | 早朝散歩ツアー 2/27 »