« 2014年9月 | トップページ

2014年10月

ブログお引越しのお知らせ!

皆さんこんにちはsign03ガイドのTですsmile

今日はですね、ブログのお引越しのお知らせをしたいと思います。

新しいブログでも今までと同様、阿寒湖周辺の情報を

皆様にお届けいたしますのでよろしくお願いいたしますconfident

とはいっても今までの過去のブログを見ることができなくなるのもあれなので。

閉鎖とかは致しませんhappy01

過去の阿寒のことを読み返したくなった時はどんどん利用していってくださいねwink

それでは短い挨拶ではございましたが、当ブログを読んでくださった方々ありがとうございましたsign03


新ブログのアドレスはこちら
       ↓
http://ameblo.jp/lake-akan/

| | トラックバック (0)

阿寒冬だより

皆さんこんにちはsign01ガイドのTですsmile

今日は皆さんに冬到来のお知らせをお届けいたしますsnow

え?

『まだ10月だよ?秋じゃないかcoldsweats01』って?

まぁ、とりあえずこちらをご覧ください

Dsc_0276


雄阿寒岳、なにか違和感ありませんか?

頭がうっすら白いような・・・?

Dsc_0268


つぎは雌阿寒岳と阿寒富士の写真、これは明確ですねsign03

真っ白になってますhappy01shine

そう冬のお知らせとは・・・

sign03snowpenguin

ふっちゃいましたよ~sweat01

先日の台風19号から変わった温帯低気圧が

一晩のうちに阿寒の山々を秋から冬に変えちゃいましたcoldsweats01

これからは一気に阿寒湖温泉街も冬の色合いに変わっていきますよ~catface

| | トラックバック (0)

まりも祭り2日目~お昼の部!!~

みなさんこんにちは!!ガイドのTですsmile

本日10/9はまりも祭りの2日目!中日になりますshine

まずはお昼のまりも踊りの行進についての記事を上げていきますよhappy02

Dsc_0200
天気にも恵まれポカポカと暖かい道を

中学生からベテランまで

阿寒湖温泉街のメインストリートをまりも踊りでアイヌコタンまで約1kmを行進しますhappy01

Dsc_0202


1dsc_0205_2
2dsc_0204


Dsc_0207


2dsc_0208

2dsc_0209

観光客の皆様もカメラ片手に踊りに見入っていました。camerashine

歩道で一緒に踊っている方もhappy01

Dsc_0210


終点アイヌコタンではコタンの皆さんが伝統衣装で踊り子さんたちを拍手でお出迎えsmile

Dsc_0213


Dsc_0211


最後は観光客の皆様も一緒になって拍手をして行進を終了しましたhappy02







| | トラックバック (0)

まりもまつり1日目!

皆さんこんにちは!ガイドのTですsmile

今年もやってまいりましたsign03まりも祭りshine

一日目は午前中にマリモのセミナーと

午後からマリモの生息地観察会が行われましたhappy01

Dsc_0158
観察会では、普段は入ることのできない特別保護区

チュウルイ湾へsign03
Dsc_0165
岸にはうち上げられて砕けたマリモや

Dsc_0168
もうすでに、干からびて白っぽくなったもの


Dsc_0169

波や風で岸まで運ばれた巨大マリモ

中が空洞になっているので座布団みたく、ぺちゃんこhappy02

Dsc_0166
大体は大きなマリモが岸に上がることが多いのですが

小さくてしっかりと丸いマリモも波打ち際に来てましたcatface

マリモを触れてうれしかったのか、頬ずりしてる参加者さんもいましたよsmile

Dsc_0162

実際に船に乗って生息地を水中観察用の箱メガネでのぞき見ますsearch

Dsc_0163

ライフジャケットもしっかりと着用して

Dsc_0173_2
生息地へ出発sign01

Dsc_0175
実際にメガネでのぞくと・・・

わかりますか?ガラス越しにある丸いマリモが湖底にゴロゴロと群生しているの

本当に船の下にこんなにあるの?と疑ってしまうほどマリモ、マリモ、マリモshine

参加者さんも真剣になって写真を撮ってましたhappy01

このように特別天然記念物を触ったり湖底をのぞき見ることは

なかなかない機会だったので「私、今日撮った写真は宝物にするわhappy02shine

と、話されてました。

終わりがけ雨が降ってくるというアクシデントもありましたが

皆さん満足されたらしく笑顔で観察会終了いたしましたsmile

明日も、マリモ踊りやマリモを迎える儀式などイベントが盛りだくさんで行っていきます!

ぜひ残りの9日、10日阿寒湖に足を運んでみてくださいhappy01

| | トラックバック (0)

阿寒川inAutumn

皆さんこんにちはsign03ガイドのTですcatface

本日も阿寒湖周辺の紅葉情報をお届けしますよ~maple

何といっても今年は北海道全体で10年に一度の紅葉といわれるほど色づきが見事なのですがmaple

阿寒川も例外ではなく、とても色とりどりの葉で飾られた森は訪れた者の目を楽しませてくれます。happy02shine

Dsc_0140
曇っていたのが残念でしたけど、それでもこの色shine

Dsc_0141
しかも川岸から立ち込める温泉の湯気が紅葉した木にかかって幻想的にconfident

ガイドをして一緒に歩いていたツアーのお客様も

「キレイだぁ・・・見事なものだねぇ・・・sign01」と足を止めてしばらく眺めていたり

途中で出会った釣り人さんたちも

「こんなきれいだったら、目がそっち(紅葉)にいって、魚のこと忘れるべやな~。」happy02

なんて笑って話してましたsmile

Dsc_0143
川の流れも清らかで

身も心もすがすがしくなりましたcatfaceshine

このような紅葉を楽しみながら阿寒川を歩いてみませんか?smile


阿寒観光協会では阿寒川リバーウォークツアーを実施していますsign03

詳しくはこちら→http://www.lake-akan.com/

または

NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構
TEL 0154-67-3200

に、お問い合わせくださいnote

| | トラックバック (0)

シカトできない怖~いお話

皆さんこんにちは、ガイドのTですhappy01

紅葉が色づき見ごろになってきていますが、日本でモミジと言えば

紅葉mapleともう一つの意味がシカ

これから冬にかけてはこちらのモミジ、シカの時期でもあるんです。

Photo


「シカがたくさん見れるなんてスゴイhappy02

「かわいいシカ見た~いheart04

なんて思う方もいらっしゃるのではないですか??

阿寒の人間にとって、これからの時期のシカとは恐怖でしかない生き物なのです・・・shock

彼らは視界の悪い朝方や夕暮れ時に行動していて

道路にいきなり飛び出してくるんですよ…coldsweats02

しかも、1頭だけではなく群れでsweat01

マイペースで車が来てるのに道のど真ん中で止まったり

群れが通り過ぎて

「さて、発進しようかな~」とした途端にシカがまた引き返してきたり…pout

Img_4019


そんなこんなで、道東地方だけでも、車とシカとの衝突事故毎年500件以上Σ( ̄ロ ̄lll)

しかも、車のほうが廃車になってしまうことがしばしばなんですよsweat02



地元の人間でも気をつけてて事故にあうことがあるので

これからの時期の観光をお考えでレンタカーを使用するお客様

スピードダウンで安全運転はもちろんのことですけど、シカにはくれぐれもご注意くださいcoldsweats01

| | トラックバック (0)

湖北の秋

皆さんこんにちはsign01ガイドのTですwink

本日は湖北の森の情報をお届けしますhappy02

湖北の森は文字通り阿寒湖の北側に広がる豊かな森bud

これからの時期は紅葉に川を遡上してくるアメマスやイトウなどを見ることができますfish

Img_45500
イトウがいるんですけどどこにいるかわかりますか?smile

Img_4550

汚い縁取りでごめんなさいsweat01
ここでしたcatface
90cmほどのおそらくオスのイトウがアメマスの群れを割って悠々と泳ぐ姿は圧巻ですねhappy02

湖北の森の奥に行くと急に激しい水音に

何かと思ってみれば

Img_4558
紅葉美しい乙女の滝でございますsign03


今年は急に寒くなったおかげもあって紅葉の時期が1週間ほど早まっているらしく

滝の流れも相まってなかなかの絶景でしたhappy02shine

だけど残念なことも・・・coldsweats02

Img_4563_2

滝の近くの流れが静かな所にウチダザリガニが・・・。

ご存知の方もいると思いますがウチダザリガニはアメリカから人の手で渡ってきた

いわゆる、外来種と呼ばれるものの中でも生態系を壊す影響力を持つ特定外来生物に指定されてる生き物…

何といってもマリモからニホンザリガニから何でも食べてしまう悪食くんですからね~sweat02

こんな奥まで浸食してきていたんですね

この川ではニホンザリガニは見ることできなくなるのかなぁweep

まぁ、ウチダザリガニが悪いわけではないんですけどね。

きれいな森を守るためにも人間の手は極力入れないで共生する方法を探さなくては駄目
ですねbearing

| | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ